Right Brothers College【RBC】

キャリアには、ルールがある。

目標達成できる人、できない人の決定的な違い

110 views
約 6 分
アバター
Right Brothers
代表 TAKUMI
目標達成できる人たちの共通点はこれだけです!

目標達成ができる人は「目標を刻める人」

目標達成できる人は「色々な事に諦めと付けている人」だと言えます。1日にできる自分のパフォーマンスに対して、上手に諦めを付けています。目標達成する人って、例えば営業でいうと年間目標を達成する人だとします。仮に年間目標が1億円だとしますが、目標達成する人は、毎日1億円を追っている訳では無いんです。毎日、毎日、1億円という果てしない目標だけを追っていても、やる気が続かないんです。仮にフルマラソンを1年後に走れと言われたとして、毎日フルマラソンの事を考えていたら、やる気ってどうでしょうか。続くでしょうか。きっと難しいでしょう。

営業マンだって決算期が来たとして、年度末を終えればまた目標がリセットされます。数字が0に戻って、再び1億円を追わなければいけません。気持ちを持ち続けるのは難しいものです。1億円を達成できる人とは「毎日いくらを上げれば良いのか」「毎週いくらを上げれば良いのか」「毎月くら上げれば良いのか」を、きちんと理解している人です。目標を刻んでいる人と言えます。刻み方は、自分が絶対にできる刻み方しかしていません。

自分でコントロールできる事にだけフォーカスしろ

ここで注意すべきは、ハードルが高すぎる目標の刻み方をする事です。例えば1年目の新人営業マンが入って来たとします。年間1億円の目標が与えられたとして、「半年で達成させる」と自分で目標設定をしてしまうケース。これは正直無理ですし、賢いと言えません。もしできたとしても、これは運要素です。2年目、3年目続くでしょうか。続きません、再現性は0でしょう。だからこそ1億円をどうやって達成させるかを「細分化」する力。そして、毎日達成して終わらせることが重要です。達成して終わらせるというのは、1日にできる数まで目標から細部化して、決めたアクションは必ず実行させると言うことです。

もし年間1億2000万円の目標の場合、月1000万円達成しなければいけません。この月1000万円と言う数字を強く意識させます。年1億2000万円と言う数字よりも、月1000万円と言う数字です。この月1000万円のためには、何をしなければいけないのかを、しっかりと考える必要があります。ここでのポイントは「自分でコントロールできる事だけにフォーカスさせる」事です。例えば営業の場合、1日の目標を「アポ3件」と考えたとします。このアポイントですが、相手が「いいよ」と返事をしない限り実現ができません。これは自分一人では解決できる事ではないです。だからこそ、自分一人で完結できることは「電話する」か「DM文章を送る」などのオアクションです。これを毎日、僕自身も50〜100送付していました。案件が重なるので、忙しさによってこの数字は前後する可能性があります。会社の予算が上がれば、このコンタクト回数を増やしていきます。

「運要素」を味方させるためにも毎日の種まき

就職とか転職をしてきた最初の1年で、どうやって目標達成をするのか。自分1人で達成できる目標を毎日、追うこと。そして達成すること、これに尽きます。ですから与えられた目標を「細分化」できる力。自分1人でコントロールできる事にまで、行動を分ける力。あとは、毎日その行動をやり続けるだけです。そして目標達成には「運」も大事です。この運を生み出す為にも、毎日自分でできる最小単位の行動を追うことが不可欠です。目標達成ができない人は、1日300件などの目標を立ててしまいます。いきなり勢いよく始めても、継続は難しいです。そうではなくて自分が楽しくできる範囲で、そこまで手こずらない行動をすることが大事です。1日3時間もかかるような行動の継続は続かないでしょうか。1日1時間で完結できる程度の、行動目標が良いかもしれません。

最初に目がいってしまうのは「年間1億円」しかも「5年連続」と言うゴールです。そこだけ見ると、「うわ、この人やばい」って腰が引けてしまいます。でも、その人と1度でも飲みに行ってみてください。全然、普通の人なんですよ。一緒の人間です。でもそう言う人は、自分の小さなルールをコツコツ、コツコツ達成しているだけなんです。これが目標達成が継続してできる人に、共通しているポイントだと言えるでしょう。そして、すでに目標達成している人に直接話しを聞いてみたら良いんです。めちゃくちゃやっている人でも、むしろ自然にそれをやっていて、アピールポイントと思っていない人もいます。ただそんな人も、結局は毎日コツコツ、コツコツやっているんですよ。

ポイントとしては毎日できる事、誰でもできることで良いんです。誰にでもできることを毎日コツコツやるだけ、これです。種を撒いておけば、運も降ってきます。そして目標達成ができれば、会社から新しいチャンスも降ってきます。そうするとどんどん仕事が楽になっていきます。伝えたいこととしては「苦労する期間」は絶対にあるよと言うこと。ここから逃げると、2年目も苦労、3年目も苦労、一生苦労が付きまといます。そして一生役職が上がらず、一生プレイヤーの人生です。常に同年代の人を羨む人生になってしまいます。ですから、小さくて良いので目標に直結する行動を毎日コツコツやり続けて、達成していく、これしかありません。

モチベーションは人に管理してもらえ

そして付け足すと、モチベーションを自己管理だけで行おうとすると難しいです。俺はできなかったです。なので、人に管理してもらっていました。自分が必要とされる人材になると、社内でも色々なところから声が掛かるようになります。人間て面白くて、誰かに頼られると自然とモチベーションは上がって来るものです。これは自己完結で、自発的に起こそうとすると少し難しいんです。できる人もいるとは思いますが。人から頼られることは、きっと誰でも嬉しいはずです。これがモチベーションの維持に繋がるのです。

人に頼られるためにも、毎日の小さいコツコツを達成させること、これが重要なんです。毎日達成して終わることが重要です。「今日もやったぞ俺」って言う風に、達成感を毎日味あわせる習慣が大事です。これだけで良いんですが、これができな人が多いんです。今回の動画は以上です。このチャンネルで話していることはかなり私の主観が入っています。正しいかどうか分かりませんが、実際に実践して成果が出せたことしか言っていないので、きっと皆さんにも再現性のある情報を届けられているかなと思います。ぜひ、まずは1ヶ月、コツコツ達成習慣を続けて欲しいと思っています。1ヶ月続けられれば、周りの人目、評価、結果もきっと変わるでしょう。

アバター
Right Brothers
代表 TAKUMI
「今日もやったぞ」の達成感を毎日味わおう

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pocket
Send to LINE