Right Brothers College【RBC】

キャリアには、ルールがある。

失敗しない転職をするために大切なこと

約 5 分
アバター
Right Brothers
代表 TAKUMI
転職で失敗しない為に抑えて欲しいことはコレです

失敗する転職で一番大きな原因

ズバリ、失敗する転職で一番大きな原因は「転職理由がネガティブである」ということです。 ネガティブな転職をする人というのは、またネガティブな転職を繰り返す可能性が高い。仮に今の会社が「レベル1」だとします。レベル1の会社で「成果が残せていない」「文句を言っている」という人が転職をしたとします。また「レベル1」の会社しか転職ができません。レベル2の会社は、求められないのが本音でしょう。

いまの会社で「履歴書に書ける成果」を残そう

まずは失敗したくないのであれば、今の会社が「超劣悪な環境」じゃない限りは、必ず「今いる会社」で成果を残すことを最優先に考えましょう。他人が認めるだけの「履歴書に書ける成果」を一発出すことが重要です。これをサボってしまうと、レベル1の会社から、レベル2、レベル3と上がれる転職はできません。一番気を付けなければいけないのは、いまの会社で「人のせいにする」ような人にするケースです。レベル2、レベル3の会社に行くのも論外です。こういう人に限って「これから頑張ります」という発言をする方もいますが、これは難しい話です。

今まで頑張れていないのに「これから頑張ります」は転職市場では通用しません。会社や人事も信じてくれません。転職において大事なのは「履歴書」です。履歴書に結果を残すことが大事です。転職を失敗させたくないのであれば「今いる会社で履歴書に書ける成果を残すこと」これしかありません。これをサボっているのに、いい会社に行きたいとか、明るい未来を手にしたいというのは、とても厳しい話です。

いまの会社が劣悪な環境であれば迷わず飛び出せ

ただし劣悪な環境であれば関係ありません。すぐ転職を検討しましょう。レベルが同じ程度の会社であっても、早急な転職の判断が望ましいでしょう。劣悪な環境というのは「パワハラ」の環境です。戦略も何もなく「精神論のみ」のような会社です。また顧客を圧力で押したり、騙しに近いような営業をしている会社はすぐに辞めるべきでしょう。レベル1からレベル1でも良いから、変えたほうがいいです。

そしてもう一つ同じレベルの会社に転職をしても良いと思えるのは、「自分の商品に自信が持てていない」場合です。但し転職の際に自分を戒めなかればいけない事は、「自分が選んだ会社」という事です。責任は会社にある訳ではなく、自分にあるという事です。だから転職は会社のせいではなく、自己責任で転職すると言うことを認識する必要があります。この事は、きちんと身をわきまえなければいけません。そして転職した会社で、必ず、履歴書に残す成果を出すことがキャリアアップにおいて非常に大切になります。これができないのであれば、いわゆる「良い転職」は厳しいと思いましょう。

入社先の上司・部署を自分で選ぼう

さらに大事な点としては、入社前に上司・チームを直接見に行くことです。組織で働いている以上は「目の前の上司が未来そのもの」な訳です。あなたがどれだけ優秀だとしても、あなたが所属する上司(チーム)が出世街道に乗っていないと、あなた自身の出世は厳しいです。出世の確率は非常に低くなると考えましょう。

ですから出世街道に乗っている部署に入ること。これも失敗しない転職をする上で、大切なポイントです。転職の際には「自分が誰と働くか」「誰を上司に持つのか」を選ばないといけません。「そんなこと入社前に無理だ」と考える人もいるでしょう。これは決して無理なことではありません。質の良いエージェントの力を借りれば、できることです。むしろエージェントの価値はここにしかありません。あなたに対して「ここの会社のここの部署に行きなさい」と言ってくれる部署を探し出すこと。これが大事です。

良い転職をする為には、「今の会社で結果を残していること」。そして「行く会社の良い部署に行くこと」これが失敗しない転職をするための必須条件です。あなたは会社に入って誰かの指示に従って働く訳です。その上司がもしポンコツだったら、あなた自身もポンコツになってしまいます。だから必ず選ばなければいけません。良い会社、良い部署を見つける方法は沢山あります。質問があれば何でもお答えします。DMでも何でも良いので、いつでも直接質問もお待ちしています。

転職で人生が変わる。だからこそ適当な転職はするな

どうやったらそのエージェントに出会えるのかは、連絡をもらえれば私たちが教えます。そして声を大にして伝えたい事は「絶対に適当な転職をするな」と言う事です。僕は24の時に転職を一度しているけれども、その時の転職があったからこそ、人生が一度グンっと向上できました。この経験も見てくれている、みんなにも味わって欲しいと思っています。ですがこれには条件があります。先ほどお伝えした条件を満たさないと厳しいです。「あの会社に入れば良い人生を送れる」そんな夢を描いている人もいるかもしれませんが、それはありません。

隣の芝生は青く見えるんですが、本当は青くありません。今いる会社で履歴書に書けるだけの成果を残す事入社先の上司を選ぶ事、この2つを忘れないでください。あとは入社後、あなたがまたその環境で「履歴書に残せるだけの成果を残す事」をすれば、また更にキャリアアップの道が開けるのです。本日の動画は以上です。

アバター
Right Brothers
代表 TAKUMI
エージェントの選び方については、些細なことでもお気軽にご連絡ください

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pocket
Send to LINE